SEO対策で初心者も上位表示獲得!

SEO対策の種類

ページ要因とページ外要因・・・・・大きく分けて二種類のSEO対策の方法が存在します。

それはページ内要因と呼ばれるものと、ページ外要因と呼ばれるものの二種類です。SEO対策を進めて行く上では、両者とも必須の項目となります。この両者をバランスよく保つことによって、SEO対策は成り立つといってもよいかもしれません。それでは、それぞれの ページ内要因とページ外要因 についてもう少し詳しく説明していきましょう。

ページ内要因
そのページまたはサイト内・サーバ内で完結出来てしまう対策のことをページ内要因と言います。具体的に言うと、自分自身でコントロール可能な範囲を表します。例えば、ホームページのソースコードを直したり、キーワードを埋め込んだり、自分時自身が対応できる範囲内のSEO対策上有利に働く全ての作業の事を言います。(技術的に出来る出来ないは別にしてです)通常は、ほとんどのSEO対策はページ内要因に属するはずです。

ページ外要因
通常、ページ外要因とは、ページの外に対して行なうSEO対策の事で、自分自身では対策を直接行なうことが出来ない部分が多いのが特徴です。ページ外要因の主要対策は、リンクの事を一般的に指します。相手のホームページや、大手企業などのサイトに、自分のホームページへのリンクを張ることは、直接自分自身で行なうことは出来ません。この様に、ページの外に対して行なうSEO対策をページ外要因と呼んでいます。

ページ要因とページ外要因の重要度はどちらか?

SEO対策は、ページ内要因とページ外要因の2つから成り立つということが、わかったかと思いますが、実際どちらがSEO対策をする上で重要な対策になるのでしょうか?

実は・・・ページ外要因こそがSEO対策を行なう上では、最も重要な課題になるのです。

もちろん2つともに対策を行なう必要はありますが、比重で言うとページ外要因の方に比重を置事をお薦めします。それはなぜか、ページ内要因は自分自身の手でSEO対策を行なうことが出来ますね?ということは、誰でもいつでも好きな時にSEO対策を行なうことができるということなのです。では皆が皆、同じように対策を行なってしてしまえば、ページ内要因に対しての基準が、ほとんどなくなってしまいます。

また、誰でも簡単に行なえるような方法を、GoogleやYahoo!といった検索エンジンの提供元が重要とすることは普通は考えられません。それは不正が簡単に行なわれるからです。検索エンジンで重要とする基準は、難しければ難しいほど不正な順位の入れ替わりを押さえる事が出来ます。ということは、ページ外要因が重要なSEO対策ということになります。

ちなみにページ外要因にも二種類の基準があります。その1つはリンク数です。より多くのサイトがリンクを張ってくれているという事に対して、検索エンジンは重要性をある程度判断します。もう1つはGoogleで言った場合、PageRank(ページランク)の考えなのです。PageRank(ページランク)とはGoogleが独自の基準で各サイトに対してランク付けを行なっている評価の事です。0から10まである中で、より大きい数字のサイトから、自分のサイトへリンクが貼られていることによって、サイトへの重要性も変わっていきます。

例えば、あなたのサイトのトップページにYahoo!がリンクしたとします。現在PageRank 8のYahoo!がです!そうした場合こういった考えの下に成り立ちます。
「こんな大きな有名なサイトがリンクを行っているということは、またこのリンクされているサイトも、重要性が大きいのだろう」!といった考えです。こうした場合、あなたのサイトのPageRankも高い評価がされると予想できます!

という事で、いずれにしてもSEO対策で重要なのはページ外要因で、ページ外要因とはリンクという事を是非頭に入れておいてください。SEO対策では最も重要な対策の1つなのです。

※不正なリンク行為は、逆にスパムとみなされ逆効果になってしまいますので気をつけてください。

HOME|検索エンジンを理解するSEO対策の種類SEO対策と被リンクサイトタイトルの考え方ページタイトル
テキストマッチングalt属性の使い方メタタグスパム行為の例

Copyright (C) SEO対策で初心者も上位表示獲得!.All Rights Reserved.