SEO対策で初心者も上位表示獲得!

alt属性の使い方

検索エンジンのクローラーはgifやjpgなどの画像ファイルのテキストを読むことはできません。そのため、画像ファイルはSEO対策的には多様するべきではないのです。しかし、どうしてもサイトの見た目を良くするために画像ファイルが必要であることも事実です。そこで、使うのが画像ファイルのalt属性なのです。
正確に言うと、imgタグの中のalt属性で、以下のような書き方をします。

<img src="logo.gif" alt="画像の名前" />

このalt属性をつけることによって、検索エンジンはこの画像がどんな画像なのかを理解することができます。簡単に言えば、画像にタイトルをつけるようなもなのです。

alt属性の正しい使い方

では、ここでalt属性のSEO対策的に正しい使い方を説明します。まずは下の2つのサイトロゴにマウスを乗せてみてください。

ロゴ
初心者SEO対策ちゃん


間違った例:
<img src="logo.gif" alt="ロゴ" />
この画像ファイルはサイトのロゴであるということはわかるのですが、明らかにこのページでは「ロゴ」というテキストを強調したいわけではないでしょう。検索エンジンからみると、この画像ファイルは「ロゴ」というテキストでしか判断することができません。

正しい例:
<img src="logo.gif" alt="初心者SEO対策ちゃん" />
この例では、このサイトにとって最適なalt属性の使い方ではないでしょうか。会社のサイトであれば「alt="○○株式会社"」などの固有名詞を使ってもいいでしょう。とにかく、そのサイトで伝えたいことに関連したテキストでなければ意味がないということなのです。

また、このalt属性を使うことによって、その画像がグーグルやヤフーなど大手検索エンジンが提供する「画像検索」にも引っかかるようになります。したがって、自分のサイトへの窓口も広くなって、アクセスアップにもつながるというわけです。

alt属性キーワードの位置関係

画像ファイルには、alt属性をつけ検索エンジンに読んでもらいます。しかし、検索エンジンはalt属性のテキストだけを読んで判断するのではありません。

「検索エンジンはalt属性のキーワードとその前後のテキストを考慮して、キーワードに点数をつける」

そのため、画像ファイルを多様しているサイトで、画像ファイルのalt属性をすべて統一したところで、一つ一つのキーワードの評価が薄れるだけなのです。つまり、その画像が位置している場所の前後のテキスト+そのページで伝えたいことの関係を考えた上で画像の説明を決めなければならないということなのです。

ここらへんはかなり感覚的なものになってしまいますが、検索エンジンのアルゴリズムがすべて公開されているわけではないので、検索エンジンを作った人はどんな風に考えながらアルゴリズムを決定しているのか、を考えれば自ずとSEO対策がわかってくるはずです。

HOME|検索エンジンを理解するSEO対策の種類SEO対策と被リンクサイトタイトルの考え方ページタイトル
テキストマッチングalt属性の使い方メタタグスパム行為の例

Copyright (C) SEO対策で初心者も上位表示獲得!.All Rights Reserved.