SEO対策で初心者も上位表示獲得!

初心者SEO対策ちゃん

SEO対策のSEOとはSearch Engine Optimizationの略語で日本語だと検索エンジン最適化と訳されることが多いです。インターネット利用者の約7割が、検索サービスを利用して、商品の購入、サービスの利用を行っています。要は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの結果に自分のウェブサイト・ページが上位に掲載されるように工夫をするということなのです。

みなさんもそうだと思いますが、インターネットでなにかを検索する時にまっさきに利用するのが検索エンジだと思います。

ユーザーを自分のサイトへ誘導するという試みは、バナー広告やメールマガジンなど色々とありますが、やはり検索エンジンからのユーザーの獲得が一番効果的です。サイトを運営されている方ならば実感していると思いますが、ページ・ビューの30-50%、サイトによっては80%が検索エンジンを通じてきていると言われていて、ユーザーを獲得するためには、この検索エンジンの結果に表示されということの重要性を物語っています。

検索エンジン Yahoo Japan! Google MSN
検索シェア
64.5%
34.7%
16.0%
ユーザー層
一般の方
ヘビーユーザー
初心者

また、単に検索エンジンに掲載されるというだけではなく、上位20サイトに表示されることが、アクセスの向上や、ユーザー獲得のためには非常に重要になっています。というのは、検索エンジンでユーザーが検索結果をみるのは、せいぜい2・3ページで、その中で自分の求めたサイトがない場合ユーザーの多くは検索用語を変えたり、単語を追加してしまう傾向にあるからなのです。

SEOが重要なわけ -ユーザーにとっては広告でなく情報

あまり、ぴんと来ないと思いますが、隠れた効果を発揮する広告として電話帳の広告があります。電話帳に広告を載せると、他のメディア広告よりも高い確率で顧客の反応が得られるそうです。

しかし、よく考えるとこれは非常に簡単な話で、テレビや雑誌の広告は番組や記事を見せたり、読みたい人読みたくない人に対して関係なく広告を発信します。つまり、基本的に興味のない人にも無理やり広告を見せようとします。それに対して、電話帳でカレー屋を探している人カレーを食べたい人です。なので、その人にとってはカレー屋の広告は探していた情報になるのです。

検索エンジンと電話帳は役割的に非常に近いことがわかったでしょうか。検索エンジンを利用する人はなにかを探している人です。検索結果に表示されるということは、その人が探しているものに関する情報を提供することになるのです。

つまり、検索エンジンで上位20位にランクされることは非常に高い確率で、あなたが提供している情報やサービスを、それを探している人に紹介できるということです。しかも、うれしいことに広告料はかかりません。簡単ではないが、努力をする価値はあります。とてもいい話に聞こえるでしょう?

ところが現実のSEO対策はそんなに甘くはありません。例えば、あなたが文房具を販売していて自分のサイトを立ち上げたとします。しかし、Googleで"文房具"というキーワードで検索すると、なんと16,200,000件ものサイトがヒットします。この中で見てもらえる確率が高いのはたったの20サイトだけです。その確立は0.00045%。ただ、ウェブサイトを作るだけではその他大勢の誰も来ないウェブサイトで終わってしまいます。

そこで、検索結果の上位に表示されるための、SEO対策が注目されているのです。検索エンジンはランダムにその掲載順位を決めているというわけではなく、ある決められたルールの中で順位を決定しています。つまり、そのルールにそってウェブサイトのページを作成すれば上位に掲載される可能性が高いということです。ただ、最大の問題は検索エンジンが、どのようにして掲載順位を決めているのかを誰も知らない事です。

そこでこの初心者SEO対策ちゃんでは、こうすればより検索エンジンがサイトを見てくれる、上位表示される可能性のあるSEO対策を紹介していきます。

HOME|検索エンジンを理解するSEO対策の種類SEO対策と被リンクサイトタイトルの考え方ページタイトル
テキストマッチングalt属性の使い方メタタグスパム行為の例

Copyright (C) SEO対策で初心者も上位表示獲得!.All Rights Reserved.